お金はどのように考えて貯めるのか

お金を貯めるときには三つの要素があるとされています。
一つは稼ぐことです。稼ぐ金額が大きくなれば、それは貯めることに回すことができる金額が増える、ということになります。これはまさに当たり前のことであるといえます。

もう一つは節約することです。節約をすることによって、要するにその分を貯蓄に回すことができるようになります。

もう一つが利殖をすることです。要するに増やすことであり、これもよい方法であるといえるでしょう。しかし、これは少なからずリスクがあることになりますからこれは覚悟しておいたほうがよいでしょう。
しかし、お金というのは貯めるために苦労をするのは少なからずよくあることになります。
貯める先というのは普通は金融機関です。物品で持っている、ということもある意味で貯蓄といえますがそれよりも素直に現金で持っていたほうがよいでしょう。

節約をする、というのがこの三つの方法において最もやりやすいことになります。減らすべきものとしては奢侈といえるような部分とかもありますし、或いは食費を削るのもありといえばありです。
とにかく、節約をするのはよいですが、普段の行動が掣肘されてしまうようなものは避けたほうがよいでしょう。

著者について: