お弁当や水筒の持参生活はさまざまな効果があった

老後資金のネット記事や年金のニュースを聞いて不安になり,できるだけ節約しなければと思うようになった。

しかし,どこから手をつけたらよいのか,さっぱりわからなかった。

何か目に見えるほうが張り合いもでて長続きしそうかと考え,お弁当を持参したときには,500円貯金することにした。

試しに一か月続けてみると,1万円も貯金することができた。

それだけではない。お弁当や水筒を持参することにより,コンビニなどに立ち寄らなくなったり,自販機の前に足が向かなくなる。そのため,ちょっとした出費が減った。

さらに何より大きかったのは,お弁当や水筒を持参するようになると,お金を使うことにためらいが生じて,本当に必要なものしか買わなくなったのだ。

お弁当を持参すると日中はお財布を開かない生活になるので,いざ何か買おうとするときに贅沢なのではないか?とお金を使うことを躊躇するようになった。

お金を使うことに抵抗感が出るようになった。そのため,さらにお金がたまるという好循環が生まれた。

しかし,あまり我慢が続くと反動もあるので,例えば1日200円までは使ってOKなどと,自分の中で上限を設けて,楽しみながら行うと長続きしそうと気が付いた今日この頃である。

著者について: