野菜高騰に関わらず食費を抑える方法

野菜の価格が高騰が家計を圧迫するようになった時、節約しなければと思い、それまではあまり進んで利用していなかった近所のスーパーで行われる火曜市や日曜市などのセールを利用するようになりました。そして、「安いうちに」とセール中の野菜をまとめ買いしては使っていました。しかし、使い切る前に野菜が痛んでしまい、全てを使い切ることができず、その結果逆に家計を圧迫してしまうことになってしまいました。そこで思い立ったのが、「広告でセール中の商品を確認し、買い物の前に1週間分の夕飯の献立を考える」「市場を利用する」という2つのことでした。

まず、セール中のスーパーで安い野菜を購入し、その後市場に行ってその他の野菜やキノコ類を購入します。これらをすることで、同じ食材によるレパートリーのなさに嘆くことがない上に、常に野菜を安く買うことができるようにもなりました。また、市場では安く大量に売っているだけではなく、インターネット上やテレビでは知ることのできない食材毎や買った季節に合った正しい保存方法等を教えていただけるので、食材によっては数ヶ月は買い足しをしなくても良くなりました。そして、今では毎月の食費も1000円?2000円ほど以前よりも抑えることができています。

著者について: