お金持ちは周りに合わせず自分の思った通りの行動をする

人と同じ行動をするということはそれはそれで安心なのかもしれませんが、それではお金を貯めることができないということもあるのです。

日本人は今までお金は働いて銀行に入れて貯金をするものとされていたのですが、お金持ちは銀行への預金だけではなく株や投資などリスクを伴う金融商品も取引をしているのです。

つまり、リスクを取ってハイリターンを狙うということを知っているということから「株や投資信託を始めてみようかな」という行動を起こし、初めは勉強するために少額で取引をしてみてそれから本格的に運用をするという人も多く、株などの本はあらかじめ買った見るものの取引をしていくうちに体がどういうものなのかということを覚えていくので本は辞書的に使うという感じになるのです。

普通の人であれば初めに本を読んでそれから取引という人が多いのですが、それでは株の取り引きや投資信託での取引には使えないです。

それに普通の人は「株や投資信託などは危険なもの」というようにとらえがちなのですが、お金持ちはきちんとどういうものなのかというものを確かめてから判断をするのです。

自分に合っていれば株や投資信託などの金融商品をやってみようかなと思うのがお金持ちの考え方なので、お金持ちになりたいのであればそうしたことを学ぶことも必要です。

著者について: