エアコンの節約方法

結婚して専業主婦になると、独身時代よりお金が自由に使えません。その上子どもが産まれると、更に出費が多くなり、お金が足りません。

専業主婦にできることは、節約です。その中で無理せずに電気代を節約出来る方法をここで紹介します。

まずわたしたちが行っているのは、エアコンを使っていないときはコンセントを抜くことです。これだけで待機電力がなくなりますので、ほとんど何もせずに節約になります。けれども夏など使用する時には、コンセントを8時間以上はつけておかないと、エアコンの機械自体が悪くなるので使用しない時以外には、この方法は使えません。

エアコンを使用する場合は、他の電化製品を合わせて使うと節約になります。夏では、エアコンと扇風機というセットで使うと電気代が安くなると知っている人は多いと思います。エアコンをつけている部屋で、直接風を浴びると、体感温度は2,3度下げることが出来るので、エアコンの温度を高くして、扇風機を使うようにすると、電気代も節約になります。家族でも暑がりの人と寒がりの人がいるので、扇風機を取り入れることにより、その人それぞれ快適温度にすることができますし、女性にとっては冷えの原因にならずにすみます。

ちょっとしたことで電気代は節約できますので、試してみることも良いですよ。

著者について: