58歳無職独身の私の老後に向けての節約生活

 私は58歳、男性、独身、無職です。

 7年前までは普通のサラリーマンでしたが、今は何もしていません。もうじき誕生日を迎えるので遂に50代最後となります。そこで貯蓄や年金などのことを棚卸してみましたところ、このままでは80歳まで生きていくことが難しいことがわかりました。

 そこで節約と貯蓄の運用について考えてみました。住居は現役時代に購入した2LDKの分譲マンションです。ローンは完済していますが、固定資産税や毎月の修繕積立管理費を合わせると毎月3万円くらいかかります。築19年のオートロック式の5階に住んでいます。購入時は将来家族ができる予定でしたが、縁が無く今もひとり住まいです。リビングは空調が2台もあります。ベッドルームも1部屋しか使用していないので無駄です。

 こんな生活のままではいけないと思い、引っ越しを考えていますが築19年なので物件の買い手がいないかもしれません。引っ越し先はワンルームマンションで充分ですが、こちらも今の物件の売買差額で安く手に入れることができるか不安です。

 そんなとき偶然、不動産を担保に別の不動産を購入し、賃貸マンションとして生活費に充てるということができることを知りました。賃貸マンションの運営は、不労所得とはいえいろいろと苦労があるようですが、私の場合、将来もらえる老齢年金も少ないので、今この方向で不動産屋と相談中です。

About Author: